スポンサーリンク

2016年12月28日水曜日

npm または git コマンドで self signed certificate in certificate chain というエラーが出る場合の対処

 プロキシの問題だったり SSL 証明書の問題だったりで、npm や git コマンドが以下のエラーを出力する場合の対処方法。

Error: self signed certificate in certificate chain

 npm の場合は以下。

 npm set strict-ssl false

 git の場合は以下。

 git config --global http.sslVerify false

 Apache Cordova for Visual Studio とかでビルドしようとしたときに、npm と git が各種プラグインをダウンロードとかクローンするときに上記のエラーを吐いてました。
 プロキシを指す必要がある場合は以下も実行。

 npm の場合は以下。

npm config set http-proxy http://xxx.xxx.xxx.xxx:8080/
npm config set https-proxy http://xxx.xxx.xxx.xxx:8080/

 git の場合は以下。

git config --global http.proxy http://xxx.xxx.xxx.xxx:8080/
git config --global https.proxy http://xxx.xxx.xxx.xxx:8080/


 会社のネットワーク環境が劇的に変わってビルドできなくなった。
 プロキシとかめんどくさい、いろいろビルドできなくなったりしてる。

2016年10月22日土曜日

Visual Studio 2015 で Ionic 2 を触ってみた

 Visual Studio 2015 Community Update 3 で Apache Cordova と Ionic 2 を使っていろいろやってみる、チュートリアル的なものを始めました。

 意外と情報が少ないので、結局は自分への備忘録。

 今仕事がかなり忙しいので、どこまで書いていけるか……。

2016年7月12日火曜日

SQLite でネットワーク上のファイルにアクセスする方法

 ASP.NET MVC で Web アプリケーションを作成し、IIS 8 にデプロイするという環境。
 アプリケーションでデータベースには SQLite を使用。ちなみに EntityFramework(Database First) で使ってます。
 なので、接続文字列とかは Web.config に記述される。 

 ここで Web サーバが 2 台構成で運用されることになっており、SQLite でローカルファイルにデータを保存していると、ロードバランサーで冗長化したときにデータの不整合が起こる。
 というわけで、どこかにある共有可能なサーバに SQLite データベースファイルを保存することになったわけだけど、IIS において、デフォルトの設定ではネットワーク上の別のサーバにあるファイルにアクセスできない。

 サーバ辺りの設定と Web.config の記述でちょっとハマッたのでメモ。

2016年7月4日月曜日

Application.Quit でフリーズする場合の対処

 Windows アプリ感覚で作ってて最初ハマッたのでメモ。

 Application.Quit メソッドは MonoBehavior を継承したクラスの Update メソッドの中で呼ばないと駄目。

 uGUI でボタンを貼り付けて、その On Click でアタッチしたメソッドを呼ぶようにして、その中で Application.Quit を実行するとフリーズする。
 フラグ管理するなり Update メソッドでボタンのクリックを検知するなりして、Update メソッドの中で Application.Quit するべし。

 勉強したての頃にハマッたやつ。

2016/07/21 追記
 必ずしも上記の通りではない、らしい。
 ずっと Update メソッドなりでやってたけど……ちょっと調査中。

2016年5月18日水曜日

HtmlHelper で Enum 型の値に設定した DisplayAttribute の名称を取得する

 ASP.NET MVC での話。
 DisplayAttribute によってフィールドに表示名が指定された列挙型の値を、View(Razor) で表示しようとしても表示されない。
 HtmlHelper.DisplayFor メソッドを使用しても列挙値のフィールド名が表示されるだけで DisplayAttribute で指定した表示名を引っ張ってくれない。

 いろいろ調べて、HtmlHelper の拡張メソッドを自作することで解決したのでメモ。
 以下、前振りから。

2016年5月10日火曜日

Oracle のデータベース作成時にリスナーを介したデータベースの接続に失敗した場合の対処

 とある開発検証環境を構築しようと Windows 7 に Oracle 11gR2 をインストールしたときのこと。
 Oracle 自体のインストールは正常に完了して、いざデータベースを作成してみると以下のようなエラーが発生。

リスナーを介したデータベースの接続に失敗しました。エラーを修正し、EM Configuration Assistant を再度実行してください。

 それに続いて考えられる原因が 6 つほど続く。
 リスナーのポートが正しくないよ、とか。リスナーが起動してないよ、とか。
 今回はその中でも 3 番目の項目。

3) データベース・サービス AWDS がリスナーに登録されていません。データベース・サービスを登録してください。

に該当した場合の対処をメモ。
 これに該当するかどうかは lsnrctl status コマンドを実行して、その中に作成したデータベースのインスタンス名があるかどうかで確認可能。


ちゃんとリスナーに登録されていれば、オレンジで囲んだ場所に作成したデータベースのインスタンス名が表示されるはず。
 その他の理由で失敗した場合に関しては、今回は省略。調べてません。

2016年4月6日水曜日

PostgreSQL による VACUUM とデータベース再構築

 年度が切り替わるこの時期、今所属している部署は非常に忙しい。
 準備も含めてドタバタしてて、ブログを更新する余裕がなかった。

 標題の件。
 特にあーだこーだ説明するものは全くなくて。

 ただ単純に分かったことをメモ。

 データベースを再構築すると不要行は削除される。VACUUM と同じ効果が見込めるのかな?

$ pg_dumpall -U postgres -d testdb > testdb.dmp
$ dropdb testdb
$ createdb testdb
$ psql -U postgres -d testdb < testdb.dmp

 データベース再構築前後で以下のクエリ実行結果を比較。

testdb=> select * from pg_stat_all_tables order by n_dead_tup desc;

 システム系のテーブルに変化はなかったけど、testdb 内のテーブルに関しては軒並み n_dead_tup(不要行)が 0 になっていた。